杜の中の閑話室

20代の若者がオススメの神社を紹介します!

【静岡】駿河国一宮「富士山本宮浅間大社」の見どころと御朱印

f:id:horo1332:20190307002246j:plain

【2018年11月23日(金)奉拝】

静岡県富士宮市に鎮座する「富士山本宮浅間大社」(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)は、木花之佐久夜毘賣命(このはなさくやひめのみこと)を祀る神社です。当社は富士山を鎮めるために祀った最初の神社であり、全国1300社の浅間神社総本宮と言われています。

また富士山の価値を証明する構成資産の一つとして、平成25(2013)年に「世界文化遺産」に指定されました。美しい富士山はもちろん、桜の咲き誇る神社としても有名です。

 

 

①鎮座地(アクセス)

 ※電車

身延線富士宮駅」から徒歩約10分。

※車

東名高速道路「富士IC」から約20分。
・新東名高速道路新富士IC」から約15分。
  

詳細はこちら↓

www.fuji-hongu.or.jp


 

②見どころ

富士山本宮浅間大社の見どころ、4箇所あります。

==========================

 ⑴大鳥居と富士山のツーショット

 ⑵楼門

 ⑶本殿(国指定重要文化財

 ⑷湧玉池(わくたまいけ)(国指定特別天然記念物

==========================

 ♦︎境内図♦︎

f:id:horo1332:20190307004454j:plain

 

⑴大鳥居と富士山のツーショット

f:id:horo1332:20190307122604j:plain

第二大鳥居と美しい富士山のツーショットが撮影できる場所です。
私が参拝した時は残念ながら雲に隠れてしまったので、どのような写真が撮れるか参考に写真を貼っておきますね。

f:id:horo1332:20190308195057j:plain

(写真素材「写真AC」より) 

快晴の日は富士山もはっきり見え、朱い鳥居も映える素敵な写真が撮れます。
ただ、遠方から遥々参拝される方にとって富士山が見れるかどうか気掛かりですよね。

そこで「富士山が見える時期と時間」を分析した下記サイトを参考に、次のようにまとめてみました。

 

  • 12月〜2月(秋から冬)に見える日が多い!
  • 時間帯はAM8時ごろが良好!

 

詳しくはこちら↓

sanshisuimei.moo.jp

 

www.city.fuji.shizuoka.jp

 

特に冬の時期は、空気が乾燥しよく澄んでいるので眺めが良いと思います。

また参拝者の少ない朝の時間帯(6時〜8時台)とも重なるので、誰にも邪魔されず撮影できますよ。

 

次に静岡県富士宮市の天気予報をチェック↓

tenki.jp

 

また静岡県の公式HPから、現在の富士山の様子が見れます↓

www.pref.shizuoka.jp

 

 

楼門

f:id:horo1332:20190307123945j:plain

楼門には欠かせない随身像が安置されていますが、手前の格子でよく見えないのもあってその存在を忘れてしまいそうです。何より、この朱色の美しさと均整のとれた建築にしばらく見とれてしまいます。

私が参拝した頃(【2018年11月23日(金))は、祝日かつ七五三シーズンとも重なり、多くの人出がありました。

 

f:id:horo1332:20190307222816j:plain

少し離れて撮っても絵になります。
左右には国旗が掲揚されていて、天気の良い日には特に美しい写真が撮れそうです。

本殿(国指定重要文化財

f:id:horo1332:20190307002246j:plain

本殿は社殿の上に付けられた二階建て(二重楼閣)となっています。俗に「浅間造」(せんげんづくり)と呼ばれています。この特殊な造りは、全国にある1300社の浅間神社の中でも4社しか存在しない珍しい建造物で、当社はその代表格です。

 

f:id:horo1332:20190307124255j:plain

 日差しが本殿の正面に当たっていて、大変厳かな感じがします。
このように多くの神社は太陽の光を正面に受けるようにして建てられていて、背を向ける神社はあまりありません。

 

⑷湧玉池(わくたまいけ)(国指定特別天然記念物

f:id:horo1332:20190307125509j:plain

富士山に降った雨や雪が長い間溶岩流に蓄えられ、そこから滲み出て池となったのがこの湧玉池です。富士山の湧き水の中でも規模が大きく、学術上貴重なことから国の特別天然記念物となりました。

 

f:id:horo1332:20190307125438j:plain

湧玉池は上流の「上池」と下流の「下池」があります。
上の写真は、池にかかる神路橋から撮影した下池です。

 

f:id:horo1332:20190307130343j:plain

こちらは上池です。
湧玉池は底まではっきりと見えるほど透明度が高く、水量も豊富にあります。


湧玉池で泳ぐ鴨/富士山本宮富士浅間大社


湧玉池で泳ぐ鴨/富士山本宮富士浅間大社

 

 

f:id:horo1332:20190307130418j:plain

水源地にある「水屋神社」では、湧き水を汲んで持ち帰ることができます。
ただ、飲料として利用する場合は、煮沸処理を行うようお願いしますね。

また、容器を忘れてしまった方のために、初穂料200円で購入できます。

 

f:id:horo1332:20190307130448j:plain

昔は富士登山の前に禊を行っていた湧玉池。
池に入ることはできませんが、参拝の機に涼んでみてはいかがでしょうか。

御朱印情報

f:id:horo1332:20190309214617j:plain

   (富士山本宮浅間大社)     

 

受付時間

8時30分〜16時30分

拝受場所

社務所

初穂料

300円

オリジナル御朱印

あり

備考

社殿向かって右手の社務所に「御朱印受付」の看板が出ています。御朱印帳を購入した場合は、御朱印代は無料です。

  

④100年前の富士山本宮浅間大社(絵はがき)    

f:id:horo1332:20190309220225j:plain

昭和19年頃 発行
筆者所有

社務所が発行した戦時中の絵はがきです。

 

富士山本宮浅間大社を参拝して  

f:id:horo1332:20190310100739j:plain             Wikipediaより、社殿と桜の一景)

朱の社殿が美しい富士山本宮浅間大社は、特に快晴の日がおすすめですよ。
また、社殿とともに咲き誇る桜を撮るもよし、鳥居と富士山とのツーショットを撮るのもよし!季節を通じて多くの見どころがあります。

 

更に富士宮と言えば、「富士宮やきそば」を忘れてはいけません。
私が食べたのは、富士宮駅の観光案内所で教えて頂いた「虹屋ミミ」というお店。
なんと「第一回富士宮やきそば鉄人グランプリ」で優勝したお店なのです。

f:id:horo1332:20190310101407j:plain  f:id:horo1332:20190310101334j:plain
         (「虹屋ミミ」で食したミックスやきそばの大盛り!)

麺はモチモチとしてコシがあります。
肉かすやたっぷり入った削り粉が風味よく、大変美味しく頂きました。

ちなみに、第二鳥居前のフードコートにもたくさんお店があるので、是非参拝とともに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。